デビュー戦

「ここで勉強させて下さい!!」

梟城の門を叩いて、早8ヶ月。
右も左も無知な状態のくせに、
身分や順番もわきまえず、
生意気なやつです。
やりたい一心でよくぶつかったな、
と今更ながら恥ずかしくなります。

そのときは、
ある種、なんらかの賭けだったかと思います。興味本位とも?
いや、しつこいからしょうがなかったのかもしれません(笑)
ともかく調理係さんのご好意で、
試しでお手伝いさせていただけることになりました。
変わったやつだなぁと、雑務係さんに呟かれ、
同じ年だし同じ名前だし漢字まで一緒だし、
なんとなく似てるしなどと言われ、
助手さんにはさぞ気持ち悪がられたことでしょう。

そんなこんなで、1ヶ月に数える程度ではありますが、
少しずつ補佐を務めさせていただいておりました。

補佐と命名をいただき、
そろそろ一人でアシスタント・・・と、本日デビュー戦。
特別基礎クラス開催です。

初めて、
というものは、大小関係なく、
どんな場面であれ、誰でも緊張するものです。
きっと石川遼選手もわたし同様。
計り知れない緊張感だと思います。(一緒にするな?)

やってみるしかない、といい聞かせながらも、
正直、センター試験とか採用試験とか受けに行く前夜のように昨夜は胃が痛くて、
自分なりにシュミレーションしてみたり、パンやマドレーヌを焼いてみたり、
はたまた紅茶を入れて心を落ち着けたり、
ともかくなんだかソワソワ、
気持ちは忙しく、いろいろと緊張しておりました。

予定より1時間以上早く家を出たりして、
でも無駄に逗子で油うったりしていて、
気づいたら予定時間どおりに教室が始まり・・・

やはりシュミレーションのように段取り良く・・とはいかず、
何かとバタバタ、喉はカラカラ、あっという間に時は流れました。
初回はこんなもん、なのかもしれませんが、
自分では、反省すべき箇所がいくつもあり、なんとなくやり残した感もあります。
ともあれ、教室に参加頂きました生徒の皆様、
生徒さんに混じってヘルプ体制で構えて下さった助手さん、
無知な私にこの場を与えて下さった調理係さん、雑務係さん、
応援して下さった梟城の皆様、
とにかく支えて下さっているすべての皆様、
なんとか、大きな事故もなく初回を終えました。
至らないところも多くあったかと思いますが、
皆様のおかげで日々成長できているのだと常々感じております。
温かく見守っていただき、ありがとうございます。
この場を借りて、お礼申し上げます。

これで終わり
みたいな文面になってしまいましたがー
ここからが始まり
でございます。

初志貫徹。
常に胸に刻み、また来週の特別基礎クラスに挑みます!!


気づけばコレしか写真がありませんでしたー
素晴らしいパンが焼けましたーさすが助手さんの班。
c0185174_082078.jpg

次回もよろしくお願いいたします。

わすれちゃいけないぜー
明日はいよいよ!!
クラウチングスタートで本屋へGOです!!
[PR]
by makanaigakari | 2009-04-10 00:28 | 特別基礎クラス
<< おもいもよらぬ 高菜 >>