本年もよろしくお願い申し上げます

謹賀新年

年明けご来光を拝むため、
日本百名山のひとつ、開聞岳に登頂して参りました。
山容の美しさから別名薩摩富士とも呼ばれる開聞岳は、
薩摩半島の南端に位置する標高924mの火山です。

c0185174_0592985.jpg


2時間半ほどで登れる
と聞いていたので、防寒対策だけしっかりして行きましたが、
山頂はまさかの雪。がとけて氷になっていると思わず。
大きな岩を登るというか、しがみつくような登山デシタ。
岩がアイスバー。

ご来光はというと、
雲にかくれてこの通り。

c0185174_074970.jpg


もうだめかと思ったとき、
ちらっと顔をだしてくれました。
すぐ隠れましたが。
以前、富士山に登頂した際は、
山の下で稲光がひかり、雷雨に打たれ、
かすかな望みを胸に登りましたが、やっぱり残念な結果。
今回こそと思い、ほんのわずかでしたが、
初日の出を拝めて、報われました。

c0185174_082125.jpg


c0185174_072075.jpg


2012年は、
うどんのワークショップを2度もさせてもらい、
初めての経験、学ぶことの多い一年だったと思います。

そして、お茶汲み係の伊藤先生と同じく
実はこっそり紅茶コーディネーターの資格をとることができたのも去年◎
がしかし、まだまだ勉強不足。
その名に恥じる事の無いよう、努めたいと思います。

–目標–
今年は、白崎茶会・紅茶教室で学んだことを生かし、
『紅茶のおいしい淹れ方』をどこかでお伝えする機会を作る。
ベニオガタの生産者である緒方さんと新しい事もやります。
そして、毎日のごはんを、大事にします。

皆様にとって、美味しく楽しく、幸多き一年となりますように。
本年も、ブログ共々、どうぞよろしくお願い申し上げます。

c0185174_029505.jpg

[PR]
# by makanaigakari | 2013-01-06 01:32 | 備忘録

ギフト

今年も残りわずかですね。

今年はというと、やっぱり、
日々お世話になっている『かんたんお菓子』!!
この本によって、
いかにたくさんの方々の笑顔が生まれた事か。
わたくし個人だけでも、たくさんの方に喜んで頂きました。

写真があるもののみですが、
ちょっとばかり。

☆お誕生日のギフト
c0185174_23185522.jpg

オレンジマーブルチョコレートマフィン
紫芋クッキー&コーンミールビスケット
ライ麦フルーツスコーン(写真ないけど)
の詰め合わせ
c0185174_23191036.jpg


☆「れなちゃん」が産まれたお祝いギフト
レモンマドレーヌ
紫芋クッキー
ラムレーズン入りアーモンドタルト
c0185174_23194561.jpg


☆サプライズ誕生日会
フルーツバナナケーキ レモンカードがけ
c0185174_23192470.jpg

c0185174_23195093.jpg


☆緒方さんとお茶べり
ぐるぐるきなこクッキー
c0185174_23231166.jpg


☆誕生日ケーキ
これは「かんたんお菓子」
ではなく、ステップアップクラスで習った ザッハトルテ
チョコ好きの旦那さんへ作りたいとのことで
友人と一緒に作りました。
c0185174_23214993.jpg



すべてすべて、純植物性。
バターも卵も乳製品も白砂糖も使っていません。

みんな、みーーーんな、びっくりして、
みんな、笑顔になりました。
たとえ疲れていたとしても、そんなもの忘れてしまいます。

そんなみんなを幸せにする魔法のお菓子。
美味しいひとときを過ごしてもらいたいと、
願って作られた完璧なレシピ。

大事な人達に、安心して心から喜んでもらいたいと思って作っているけど、
一番喜んでいるのは、自分なんだと思います。
自分の喜びのために、やっているのだと。

もちろん、私だけでなく、
茶会女子の皆様も、本を買った方も、もらった方も、
そこから派生して、枝分かれのように幸せの連鎖がある。
『数えきれないほどの喜び』がある。
想像しただけで、震えます。

はじめのギフトの写真、
「ゆかちゃん」も「れなちゃん」(ママ)も、
実は知らない方。
友人から、お菓子を焼いてほしいと頼まれて、
ドキドキしながら作りました。
喜んでもらえたかな?
見えないところでも、
このお菓子が食べられていると思うと、
これまた感慨深いです。
本当に凄い。

手作りお菓子で、こんなに感謝されるなんて、
病み付きになりますよね。

明日はクリスマスイブ。
今年は、可愛い甥っ子のために、
ケーキを焼いて帰りたいと思っています。

みなさまも「かんたんお菓子」で、
素敵なクリスマスをお過ごし下さい。
[PR]
# by makanaigakari | 2012-12-23 00:09 | 備忘録

さつまいもと栗のモンブランタルト

私の母は無類の栗好きです。
毎年、夜な夜な渋皮煮をたくさん作っては、瓶詰めにし、
もう二度とやりたくないといいながら、
今年も3回くらい煮ていました。

だから私は、栗を見つけると、必ずといっていいほど、
母に買って帰りたくなります。

今年の栗は、大粒!(無農薬)
渋皮煮も甘露煮も作った事がなかったので、
私は甘露煮から挑戦しようと、自分なりに作ってみました。
甘味はアガベ。
c0185174_22365010.jpg

c0185174_2236139.jpg

煮崩れてしまったものは、
ペーストにしたり、
簡単なパフェを作ったり、
チョコブラウニーに入れたり。
c0185174_235581.jpg


そしてその時から、
絶対作ろう!と思っていたモンブラン。

先日かんたんお菓子クラスで習った「さつまいものモンブランタルト」を参考に、
「さつまいもと栗のモンブランタルト」を作りました。
c0185174_224022100.jpg

さつまいもだけでも充分美味しいのですが、
栗好きそして渋皮煮を使って作って!
の家族リクエストに答えて、作りました。

レシピはもちろん!
「かんたんお菓子」からのアーモンドクリームを入れて焼いたざくざくタルトに、
キセキのバニラクリーム(純植物性なんだってば!!!)を重ね、
渋皮煮をカットしたものを並べ、
栗の甘露煮とさつまいも半々のクリームを絞り、
さらに贅沢に渋皮煮をごろっとのっけちゃう。

なんて贅沢なんだ。
と思いながらも、
出産を控えた帰省中の妹に、前祝いということで。
ベニオガタを片手にティータイム。
2歳の甥っ子も、クリームしか食べられないけど
ケーキケーキと大喜び。

写真を撮るのに必死になっていたら、
母が庭からお花を摘んできてくれました。
c0185174_22415893.jpg


お菓子の時間は、
家族みんなが笑顔になる時間。
かんたんお菓子で、心もほっこり◎

病み上がりなわたくしも、幸せなひとときデシタ。
[PR]
# by makanaigakari | 2012-11-24 23:30 | 未分類

オーガニックフェスタかごしま2012

こんばんは。
ちっとも更新せずに、申し訳ありません。
気づいたら、11月初めての投稿でした。

本日の投稿は、補佐的な話ではありません。
どうぞご了承下さいませ。
実は、半年前から協議に協議を重ね、
有志で集った面々と、あたためてきた大きなイベントがあり、
ご縁あって、なんとその実行委員をしておりました(しかも事務局)。
先日そのイベントが終わりまして、ココにご報告いたします◎

はじめてなのに、事務局とか大丈夫なんだろか。
と思いながらも、
地球的に考えて自分の場所で活動するべきだし、
これもご縁。と考えた結果でございました。
その名もオーガニックフェスタかごしま2012
ひとまずこちらをどうぞ↓↓



※詳しくはオーガニックフェスタかごしま2012HP

今年で5回目となり、昨年来場者は4万人!!
全国のオーガニックフェスタのなかでも
鹿児島は大規模に行われております。

有機農産物の販売、自然素材で作られた商品、
リメイク品、フェアトレード品などなどがずらりとならんだり、
有機食材で作られたランチやどんぶり、
パンやお菓子が買えるエリアもあります。
また、島唄やジャンベなどのライブあり、
有機農業のクイズ大会や、
鉛筆削り全国大会(勝手に全国)もありました。
ちゃんと木工作家や建築家がジャッジします。
命をいただくと題した解体ワークショップや
農家に出会いを「ハニカミウォーク」なんて企画も。
自転車で発電しちゃう、自転車発電ライブもやりました。

なんといっても、
名物は「竹の巨大ジャングルジム」と「竹のブランコ」!!
c0185174_2137960.jpg

(昨年の写真デス)
これ、竹をみんなで切りに行き、
前日に組み立てるんです。
ちなみに、スタードームとかティピなんかも手作り。
c0185174_21373835.jpg

当日は、子供達の遊び村になり、託児所になり、授乳室になります。
そのほか、
農的アトラクション、
トラクターで荷台にのった子供達を引っ張るトラクターアドベンチャーや、
キッズサスケ、触れるミニ動物園なんかも
ちびっ子に大人気でした◎

物販のエリアには、
はるばる福岡糸島からも、
ミツル醤油でおなじみの城くんが出店してくれましたよ。
即打うどんを出したら、
ソッコー完売しちゃうね!!やっちゃう??
なんて来年の野望をつぶやきながら、
私は甘酒を買いました。

当日は、朝から雨。
雨でもやってるんですか?という電話がたくさん。
毎年楽しみにしてくださる方もおおくいらして、
ありがたいことです。
一日じゃ堪能しきれないほど、
企画ものがたくさんあったり、
魅力的なお店がたくさんあったり、
農家の方々とお話しできたり、
目で見て触って、食べて感じて歌って聞いて、
五感をフルに使うことのできる、お祭り。
私も参加側にいたい。と何度思ったことか。

あっという間に一日が終わってしまい、
反省点が多々ありましたが、どうにかこうにか無事に終了。
半年かけてやってきた甲斐があったー!!
とむしゃくしゃした時もあったけれど、
この達成感が来年も!という気にさせるんでしょうね。
手慣れた5年目の実行委員がたくさんいらっしゃるわけです。

写真はまったく撮れませんでしたが、唯一!
有機農家のおばちゃんが差し入れてくれたお煮染めをぱしゃり。
c0185174_21152419.jpg

おなかがすいて、じたばたしそうなときに、
そっと差し出され、うるうる。
ほっこり心が温まる味でした◎
感謝。

様々な出会いあり、笑いあり涙ありの半年でした。
繫がって繫がって、今後に生かしていきたいです。
みなさま、ありがとうございました。

終わってほっと気を抜いてしまったか、
いつもはなかなかひかない風邪をひいてしまい、
ただいま絶賛発熱中。
さて、来年やいかにーー。

早く治して次のステージへ向かいたいと思います。
[PR]
# by makanaigakari | 2012-11-18 22:09 | 趣味私事

無敵の即打ちうどんWS@鹿児島

c0185174_22313190.jpg

魔女こと白崎裕子の特許申請中レシピ「無敵の即打ちうどん」
を世に広めるべく、
『知りたいっ!教えてー!!』
の声にお答えすべく、
うどんのワークショップを決行致しました。@鹿児島

今回は、
『自然育児の会 おひさま』という
助産院で出産したママ達が立ち上げたサークルの会員の方からの依頼。
食に関心の高い方々ばかり。
やや緊張しながらも、
『大丈夫。このうどんは、なんてったって無敵』
という言葉を胸に、
大ポット(初登場)を抱えて挑んで参りました。
(↓ほらほら、ちっちゃくいるでしょ。)
c0185174_22412453.jpg

c0185174_22451243.jpg

ママと一緒に来てくれたちびっ子もたくさんいました◎
粉をほぐす作業、一緒に手伝ってくれましたヨ。
c0185174_22464912.jpg



あれよあれよとまとまり、
もっと捏ねたくなるのだけれど
これ以上捏ねてはいけません!!
こんなにもち肌に可愛くなりました〜

なんて言いながら触ってもらったら、
今日で一番の大歓声。笑
大人気のうどん生地でした。
c0185174_22394370.jpg

ほら、大歓声。
もっと捏ねたいー!って言ってる方も。
c0185174_22395799.jpg


c0185174_22474917.jpg
c0185174_23152627.jpg


おうちで復習できるように、まな板でも打っていただきました。
みなさんお上手!!
あっという間に製麺完了です。
c0185174_2235231.jpg

そうそう、ママのお手伝いね!
c0185174_22334576.jpg


たっぷりのお湯で湯がいて、今日は「ずりあげうどん」!!
c0185174_2250195.jpg


今日の薬味は
おろし大根、有機納豆、海苔、胡麻、七味、山椒、とろろ昆布、おかか、
有機ねぎ、胡麻油、に加えて
白崎レシピのコチュジャン、甜麺醤、なめたけ、かえし
盛りだくさんで楽しんで頂きましたー!
箸休めは「ゆず大根」で。

c0185174_22503117.jpg

c0185174_22302765.jpg


おいしーーー!!!と響き渡る声。
よしっ!!と心でガッツポーズ。
神様魔女様ありがとう。
無敵が証明された瞬間でした。
c0185174_22501672.jpg


最後はほうじ茶ときなこクッキーで一息ついて頂きました◎
c0185174_22305649.jpg


なんと奇遇にも、
『にっぽんの麺と太陽のごはん』
本日のすべてのメニューが掲載されているではないですか!!!
(当たり前といえば当たり前ですが、気づいてなかったことにビックリしました)

有り難いレシピ本ですね〜
買えば、全部作れちゃいますね!
と最後に気づいて言い放ってしまった、私。

たくさん感想もいただきました。
『帰ってすぐ娘とうどんを打ちました〜
 いまのところ二日連続うどんです。』
とか、
『即打ちうどん目からウロコでした!
 足ふみふみとかじゃなく、
 想像より短時間で不器用な私でも
 また家で作ってみたいと思いました!』
とか、
『可愛い子「生地」に感動!
 娘もおかわり、
 海苔、胡麻、納豆の組み合わせが2歳児お好みでした!』

などなど。

みなみなさま、ありがとうございましたーー!!!

(お知らせ)

『にっぽんのパンと畑のスープ』
『にっぽんの麺と太陽のごはん』
『かんたんお菓子』
 いずれもWAVE出版/白崎裕子著

は、鹿児島市の自然食品店
地球畑でお取り扱いが開始されました☆
ありがとうございます!
(私がいたりするかもしないかも。)
こだわった調味料や有機野菜はもちろん、
鹿児島産、農薬・化学肥料不使用の地粉も置いてありますよ〜

また、このような機会等々作って、
さらに精進して参りたいと思います。

今後ともどうぞよろしくお願い致します。
[PR]
# by makanaigakari | 2012-10-29 23:54 | ワークショップ