<   2014年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

簡単で美味しい!即打ちうどん教室@長崎 kuriya

4月末、長崎へ。
kuriyaさんという、とーーっても素敵な場所で、
白崎レシピ 簡単で美味しい!即打ちうどん教室 を開催いたしました。
その際の様子を、大変遅ればせながら、張り切って、レポート!!

kuriyaさん、何を隠そう、ガス屋さん。
ガスコンロはもちろん、レンジフード、ガスオーブン、ぴっかぴかで。
この最新設備の中、地粉をうどんだけに使うには、もったいないと思い、
まずは、さくさくっと簡単に焼ける、きなこ&黒胡麻クッキーをご紹介致しました。

さくさくっと、一緒に実習です。
c0185174_22545458.jpg
ほら、あかちゃんおぶっていても、さくさくっとできちゃうしね。
c0185174_22552757.jpg
c0185174_22554278.jpg
ほら簡単!美しい〜♪
c0185174_22562283.jpg
おや、なにやら楽しそうですな。
c0185174_22560171.jpg
『顔なんかかけちゃいます!』と言ったとたん、みなさん書き始めましたよ。かわいいですね。
c0185174_22563572.jpg
c0185174_22565390.jpg
みなさんいいですか、今日はうどん教室です!と言ってしまったほど、
クッキーでだいぶ盛り上がりました。笑

そして、本題の即打ちうどん。
地粉のはなし、実演、実習が交互に続きます。
c0185174_22570965.jpg
c0185174_22573029.jpg
c0185174_22581235.jpg
c0185174_23033485.jpg
c0185174_22574252.jpg
c0185174_22575523.jpg
すべすべうどん生地に触れる。の画。
c0185174_22585980.jpg
そんなこんなで、
c0185174_22591371.jpg
あーっというまに、うどんの完成!!はやーい!
なるほどー!即打ち、納得〜!の声!がしましたよー
c0185174_22582359.jpg
薬味はみなさんで手分けして準備していただきました。
c0185174_23002912.jpg
食べ方は、『生成り、2010』と絞ったばかりの『生成り、2011』食べ比べ!
さらに白崎レシピの胡麻ダレ、コチュジャン、甜麺醤をご用意致しました。
トッピングも鹿児島の有機野菜をたくさん。
有機小ねぎ、有機大根おろし、長崎のちりめんじゃこ、鹿児島の鰹節、
セイタンきのこ、有機クレソン、有機トマトなど。
c0185174_23005987.jpg
c0185174_23012233.jpg
食後は、みなさんで焼いたクッキーと、鹿児島が誇る国産紅茶ベニオガタでティータイム。
写真が無いのですが、長崎の柑橘をたくさん使用した、みかんのクラッシュゼリーをお召し上がり頂きました。
前日、長崎の道の駅で、紅甘夏、清見、はるか、不知火などなど
たーーーっくさんの種類の柑橘を買いあさり、仕入れまして、ゼリーに。
とってもジューシーな今の季節にぴったりのゼリーです。

うどんWSの後すぐ、ミツル醤油の城くんの醤油づくりWSが控えており、
質問時間をたいして確保できなかったことが悔やまれます。
この場をかりて、お詫び致します。
帰り際に少しお話できた方もいらっしゃいましたが、とても喜んでくださり、
諦めていた白崎茶会に参加できたなんて夢のよう〜!
なんてお言葉も・・うう。涙

その後、kuriya さんの素敵なセレクトショップ内で、白崎茶会のレシピ本3種を常時揃えて頂けることになりました。
そして既に多くのお客様にご購入頂いていると小耳に挟み、長崎でじわじわと白崎ブームがおきているとか。
今回、開催のきっかけとなった長崎出身の友人は、当日お手伝いで協力頂きました。本当にありがとうございました!ひとり参加して頂いた男性は、実はその友人の旦那様。さっそくうどんを打ってくれたようで、写真を送ってくれました。とっても嬉しいです。
c0185174_23014712.jpg
余談ですが・・
うどんの教室を開催する度に、まるでアイドルのような扱いを受けるのですが、
私自身は調理係補佐としての任務を遂行したにすぎません。
まだまだ未熟で至らないところばかりです。
師匠白崎裕子の偉大さを改めて感じると同時に、
白崎茶会のレシピを教わることができるなんて夢のよう、、
と言って頂ける皆さんの期待を裏切ることのないよう、今後とも努めて参りたいと思います。

ささーーっと、うどんを打つ、同じ粉で、ささーーっとお菓子を焼く。
かっこいいにっぽん人、やっぱり粋だなぁ。
簡単で美味しくて、楽しくて、わくわくする、そんな料理を、
ひとりでも多くの方へ、白崎レシピの魅力を届けたい、
そんな願いをかなえてくださったご参加頂きました約20名の皆様、
主催およびご協力頂きましたkuriyaスタッフの皆様、
支えてくれた友人や家族、応援してくださった梟城の皆々様、ありがとうございました。


[PR]
by makanaigakari | 2014-05-17 01:12 | ワークショップ