<   2010年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ダージリン・フェスティバル



注)私は、ルピシアの回し者でも、なんでもございません。
  ただ、紅茶を日々飲み続けるなら、
  本物の茶葉というものは、どのように栽培されて、収穫、製造されるのか、
  あんな酸素の薄い高山で、一摘み一摘み丁寧に。
  知って飲むのと、知らずに飲むのとは、断然違うと思うので・・・
  まだまだ奥は深いのですが、せめて入り口だけでもと思い、
  ムービーなど載せてみました。

そして、まつりだ!まつり!!
ということで、先日出かけてきました。
第五回ダージリン・フェスティバル2010ジャパンin LUPICIA
「紅茶の女王」と呼ばれる高級紅茶のダージリン。
しかも今年のファーストフラッシュをいくつも堪能して参りました。
なんと無料で☆
無料というのが、庶民的で嬉しいじゃあないですか。
知ってもらいたいから無料なんですよね??
無料なのに、スコップ型のオリジナルドザール(計量スプーン)
なんかもらっちゃいまして、さらにテンション↑↑
c0185174_22281482.jpg
c0185174_22282389.jpg
ダージリンは、インド北東部、ヒマラヤ山脈の麓に位置する高山地帯。
寒暖差があり、霧に覆われた環境は、世界最上級の紅茶を生み出します。
今年は、昨年11月から続く雨不足で、春の茶摘みも遅れ気味だったそう。
しかし、収穫量が少ない事で風味が凝縮され、
かえって各茶園ごと、品種ごとの個性が際立つお茶に仕上がったそうです。
34の茶園から37種類の茶葉を試飲できるようになっていて、
香り・・・花のような→フルーティーな
味・・・すっきりした→どっしりした
といったテイスティングチャートをもとに、味比べをしながら、すすみます。
c0185174_2230093.jpg
c0185174_22301589.jpg
c0185174_22302293.jpg
c0185174_22305363.jpg
c0185174_22311713.jpg

香りや色や味わいが異なる事は確かなのですが、表現力、表記力に欠けます。
でも、とてもいい経験ができました。
茶葉を見極めるティーテイスターって、すごいなぁとしみじみ。
私は、花のようなすっきりした味わいのダージリンが好みでした。
本当は、
一番高いピュッタボン・クイーンという茶葉が買いたかったのですが・・
お財布と相談した結果、オリジナルブレンドにしました。
店員さんの、
『希少価値の高い茶葉は少量しかとれないので、こうやってブレンドに・・・』
という言葉に負けて、というかのっかって。

ご興味のある方は、ぜひ。
30日まで開催しているみたいです!


春野菜サラダ。
この季節は、潤い不足?
野菜をモリモリ食べたくなります。
最近ハマっている、豆腐和ピクルスドレッシングでー
c0185174_23121313.jpg

[PR]
by makanaigakari | 2010-05-29 22:32 | 趣味私事

スタートクラス&特別基礎パンクラス

ご報告が遅くなりましたが、
25日に白崎茶会・スタートクラスが行われました。

基本的な素材説明や実演がメインのスタートクラス。
なぜこの食材なのか。
それぞれの特徴を捉えた料理の数々、お教え致します!

本日のメインメニューは有機天然酵母のピザです。
素材となる豆乳チーズの作り方は、実演でご紹介いたしました。
実演台に集合。
c0185174_2395170.jpg
c0185174_23201118.jpg
ちょっとお手伝いも頂きまして・・・
c0185174_2321848.jpg
完成☆
c0185174_2321418.jpg
c0185174_23225581.jpg

まさにチーズ!!!この衝撃といったら大興奮。
食べてみなきゃわからないこの味。
みなさん、大満足いただきました。

そして昨日27日は、
特別基礎パンクラスが行われました。
こちらは、うってかわって、ほとんど実習。部活です。
一人ひとつずつ、有機天然酵母のブールを作って頂きます!
c0185174_23274324.jpg
c0185174_23275378.jpg
『ささ、そうそう、その調子!!
丸めて丸めて、そうそう!いいよ!
あとは、うまく閉じて置いて!いけー!!』
みなさんからの熱い視線が集まります。
c0185174_2328280.jpg
c0185174_23304040.jpg
c0185174_23304771.jpg
焼けた時の、成功した時の感動。
手に手を取り合って、拍手喝采!
なんだか初めてお会いしたはずなのに、
終わった頃には達成感からか連体感が生まれてます。
きっと誰一人欠ける事無く、必死だったからだと思います。
ジーン。んー部活だー!!

ぜひ、ご自宅で練習してください!
きっと自転車に乗れた時の感動といったら・・・一生ものです。

スタートクラスのみなさまも、
特別基礎パンクラスのみなさまも、
ご参加ありがとうございました。
こちらを片手に復習してみてくださいね。

この先の白崎茶会で、またお会いできる日を楽しみにしております!
[PR]
by makanaigakari | 2010-05-28 23:41 | 白崎茶会

ピタランチ

本日のランチ
c0185174_17332914.jpg


ピタパン
『にっぽんのパンと畑のスープ』p.29参照

黒豆のペースト
『にっぽんのパンと畑のスープ』p.31参照

まっ赤ないちごジャム
『にっぽんのパンと畑のスープ』p.37参照

和ピクルスドレッシングでつくる有機野菜のサラダ
『にっぽんのパンと畑のスープ』p.46参照

を挟んで。
c0185174_1734472.jpg


くどいようですが、
全部『にっぽんのパンと畑のスープ』を見れば、全部作れます。
組み合わせはアナタ次第♡


デザートに
三年番茶と葡萄のゼリィ

c0185174_17341321.jpg


以外と三年番茶と葡萄って、すっごく合うんです。
三年番茶の芳醇な香りと葡萄の酸味・甘みと良く合い、
とっても爽やかな夏のゼリィ。
暑い日に、縁側やベランダで食べるのに最適です。
ばあさんや、バケツでちょうだいな。
って言いたくなるくらい大好きです。

型抜きしたら、富士山みたいになりました。
涼しげな夏の富士。

今年こそ、にっぽんいちのやまに登るぞ!
なんて毎年思いつつ、いまだに達成してない目標のひとつです。
[PR]
by makanaigakari | 2010-05-22 18:03 | 節約生活

春のパンとお茶

まだまだ寒い日が続くと思いきや、
夏みたいな暑さになって、春はどこへやら。
変な気候で夏への準備が整う間もなく、
そのうち身体がおかしくなるんじゃないかと思ってしまいます。
今日は風が強くて、何度も洗濯物が落ちました。
でも、ギリギリに?春を感じたのでひとつ。

紅茶セミナーがはじまるちょっと前、
時間つぶしに立ち寄ったデパートで、
月刊誌『ソトコト』による
楽しそうなイベントをやっていたので、のぞいてみました。

題して『ソトコトpresents ニッポンの誠実な食&プロダクトフェア』
オーガニックの食材やら、日本の伝統食材やら、
エコバックやフェアトレード商品などなど、
ふむふむ。とっても興味津々。(※〜25日(火)まで有楽町阪急にて開催)
なかには、たまたま手元に持っていた自分のバッグとおんなじものも!!
これは、わたしのですよ。
万引きと違いますよ。
うれしはずかし?ちょっとびっくりしました。

でもでも、ココに『にっぽんのパンと畑のスープ』が置かれてないって、
一番おかしいよねぇ。
地粉も置いてあったのにさ。
にっぽんといえば、・・・!!!なのにさー
まったくどこをリサーチしてんだか。
なんてブツブツ言いながら見てたら、
↓こんなのを見つけたので、買いました。

『春摘み紅茶 1stフラッシュ
 フェアトレードのオーガニック紅茶 ネパール産』
c0185174_14334576.jpg

c0185174_14393621.jpg

『カンチャンジャンガ紅茶農園は、有機栽培の実践により
 働く人々の健康を守りながら、私たちにとってもおいしくて、
 安全な紅茶の栽培をしています。』
このキャッチにお茶時間がなおのことほっとするひとときに。
フレッシュなのになんだかまろやかな味がしました。

ちなみに、
有楽町まで行けないわ!
って方はココ通販でも購入できるみたいです。

c0185174_15105447.jpg
c0185174_1511192.jpg
c0185174_1511389.jpg

春のパン祭り参照

春のお茶に合わせたのは、
春野菜たっぷりお惣菜パンと
いちごジャム×さつまいもバターを巻いたおやつパン。
(絵的にジャムさらにかける)

あたしったら季節を感じる食生活してるー 喜♩
食材との出会いも、以外とそこらへんに転がっているものですね。
お茶と共に、春をおいしく頂きました。
[PR]
by makanaigakari | 2010-05-18 15:43 | 趣味私事

紅茶セミナー

本日、西武有楽町店・プラチナサロンにて
お茶汲み係・伊藤由美子による
素敵な花嫁修業『紅茶セミナー』が行われました。

ウェルカムティーは、ほんのり甘みを加えたアールグレイティー。
緊張した心を果糖の甘みが癒してくれます。

まずは、茶葉(伊藤家自家栽培茶葉を使用)の説明。
c0185174_0342086.jpg

そしておいしい紅茶の入れ方実演です。
c0185174_0343216.jpg

英国式ゴールデンルール、紅茶の効用、茶葉の種類他、
紅茶の世界へ吸い込まれていきます。
さすが、プラチナ乙女の皆様。
硬水軟水で紅茶の味が変わる話の際は、
『うんうん!そうなのか!なるほどー♩』
といった声。
英国滞在経験ほぼ100%。
実体験を語って頂きました。
恐れ入ります。
未体験花嫁修業中のわたくし、とても参考になりました。

そして4種の茶葉のテイスティング。
ケニア、ダージリン、ウバ、アッサムの4種です。
香り、色、味、茶殻、本当に様々です。
みんなでワイワイ、楽しいティスティングになりました。
c0185174_0403965.jpg


最後にロイヤルミルクティーの実演があり、試飲していただきました。
知られざるティータイムのテーブルマナーを伝授。
みなさん、相当真剣(さすがプラチナ花嫁)で、
時間一杯まで質問の嵐でした。

難しいと思われがちですが、ちょっとしたコツを押さえれば、
あとは私がマダム気取り♩
お客さまをおいしい紅茶でおもてなしできる、
素敵な花嫁に大変身ですね☆

私自身も大変勉強になった紅茶セミナーでした。
素敵な花嫁、そしてすてきな奥さん。
なりたーい!!

この企画、もっと広げて素敵な花嫁を日本中に増やしましょう。
お越し頂きました皆様、ありがとうございました。
c0185174_0511144.jpg

[PR]
by makanaigakari | 2010-05-13 00:52 | イベント

ステップアップ〜土びん組編〜

日曜日、
『第4回土びん組 ステップアップクラス』
にお邪魔してきました!

本日のメインは、
コレを知れば簡単おうちでイタリアン♩
手延べパスタの「ピチ」でした。

ステップアップクラスは、普段の白崎茶会とは俄然雰囲気が違います!
海班、山班で協力して、考えて実習していただきます。
c0185174_19273047.jpg
c0185174_19313083.jpg
c0185174_1932533.jpg
c0185174_19322111.jpg
葉山製麺工場の女工達。のよう。
c0185174_19335312.jpg
c0185174_1934384.jpg
風向きでもなく・・・なぜでしょう。
c0185174_19341355.jpg



できました!
ピチには、濃厚なソースが良くあいます。
ささ、ゆでたてアツアツを2種どうぞ!
c0185174_19365789.jpg
c0185174_19373464.jpg
c0185174_1939234.jpg
一緒に食べる副菜は、イタリアン漬物でさっぱりと。
c0185174_19391870.jpg
美しい仕上がりです!
わたくし、大好物の米粉のもちもちフィナンシエ
c0185174_1940433.jpg

最後に、超鮮やかノスタルジックなキャロットゼリーがあったのですが、
肝心な写真を取り損ね・・・
こちらは去年のべら組バージョンです。
c0185174_2016643.jpg


今回も貴重なレシピの数々でしたね。
みなさん、おうちでたくさん作って、モノにしてくださいね!
あたたかくなって、ピチがよく乾くんだろうなぁ。
来月も楽しみにしててください。


私も今日の夕食はピチ。
ペペロン×クリームソース風。
白味噌粉チーズたっぷりかけて、モリモリ食べ過ぎました(禁)
c0185174_2061652.jpg

[PR]
by makanaigakari | 2010-05-10 20:20 | ステップアップ

第五回 紅茶教室

もう夏だ。
と感じさせた昨日。
1DAY基礎紅茶教室が行われました。
早くも五回目になりました。

三ヶ下海岸バス停を降りた瞬間、
潮風でむせてしまいそうなほど、
昨日の葉山は潮っぽかったです。

お茶汲み係も申しているように、
しっかり濃いめに入る陽気なはず・・・
にも関わらず、みなさんクリアで軽い味わいの紅茶でしたね。

そんな昨日のレポート↓
c0185174_1149786.jpg
それぞれペアになって、
おいしい紅茶の入れ方実習です。
c0185174_11492822.jpg
c0185174_11495269.jpg
c0185174_1150159.jpg
こうしてお茶が入った瞬間、
毎度調理係がどこからともなく匂いを嗅ぎ付け現れます(笑)
そうして色々と吟味し批評するわけですが、
そのわけは、万人同じ味にならないこと、
気候はもちろん、体質やその日の体調も左右される繊細なものであること、
等々、まだまだ奥が深いお茶の不思議を述べるためなのです。
私はどんなタイプ?
みなさん、とても気になるようで・・・
血液型や星座などの占いみたいに、ある型にあてはめてみるのは、
女性特有の楽しみ方でしょうか。
今日の占いカウントダウン。
お天気の今日、
アッサム型は良好、パンが良く膨らみます。
ダージリン型は気をつけて!発酵長めね!みたいな、
無いか。
ともかくワクワクします。
c0185174_11502963.jpg
c0185174_12395256.jpg
c0185174_1240464.jpg
見て下さいー!
ふわっふわのバナナケーキ(新アガベver.)!!
c0185174_12401380.jpg
c0185174_12402949.jpg
今日の暑い陽気にぴったり、さわやかなクリームとともに♩
c0185174_12403897.jpg
本日の紅茶は国産紅茶ベニオガタをご用意いたしました。

最後にもう一度トライ。
やっぱりお二人とも同じ味には入りません。
とっても不思議ですね!
c0185174_12405199.jpg


ご自宅で入れ続けると、
だんだん自分のタイプがわかってくるのではないでしょうか。
来月の紅茶教室は、どんな盛り上がりを見せるのでしょう。
乞うご期待♩
[PR]
by makanaigakari | 2010-05-07 12:55 | 紅茶教室

後継の夢

「食」に興味があって、通った学校でいくつもの出会いがありました。
そのなかで、心から頑張ってもらいたいと応援したくなる人がいます。

9割が女性でしたが、たまたま同じグループになったJ君。
出身が同じ九州で、年も近いということもあり、親近感がわきました。
現在の彼の仕事は、お祖父さんの代から続く、福岡県糸島のお醤油屋さん。
時代の流れで伝統的製法による醤油作りをされる醸造は、日本では数少ないとのこと。
しかし、実家に戻った今はその復活のため、
「全量自社醸造の醤油蔵を目指す!」と日々奮闘しているようです。

〜以下抜粋〜

自社で醸造するということは

・伝統を守る。
(日本の素晴らしい醸造文化・技術を次世代に残す)

・醤油の価値を上げる。
(いい物造りをすれば、安くは売れない。流通品との差別化を明確にする。)

・自給率のUPに繋がる。
(新たに造り始めるとなると、みんな国産の物を使うはず)

・農家がやる気になる。
(作物がどこに行くかわからないより、自分の作った物がどうなって、消費者の元に届くか明確な方が、仕事への意欲が湧くはず。農家さんと目の見える付き合いをし、共に成長・発展する)

・新規就農者が増える。
(農産物の買い手がいれば、新規就農者も収入面でのリスクが軽減するのでは?)

・食の乱れを正す。
(新たなことに挑戦するということは、生産者自らの取り組む意識が変わる。生産者が変われば、消費者の食に対する考えが変わり、世間が変わる。)

など。
ちょっと強引な内容ですが、社会的にも色々なメリットがあるかと。。

何年かかるかわからりませんが、ミツル醤油はそこを目指します。

そして、その新たな潮流の旗振り役になれたらと思います。

J君の奮闘記
全量自社醸造の醤油蔵を目指す!より

ちょっと悩んだりつまずきそうになるとき、
J君のこの記事を読んで、まだまだだなぁと反省。

時代の流れには逆らえない部分も多少あるでしょう。
でも、その流れをつくるのは、生きているその時代の人々です。
何を思い、考え、結果的に何をめざすのか?
何の幸福か。誰のか。
悩み悩み石橋を叩きながら歩く時も、
決めたらまっしぐらに突っ走る時も、
良いも悪いも、浮いたり沈んだり、変化があるから、
面白かったり楽しかったり、
まさに生きているってことなんだと思います。
その時はすごく大変!もう無理だと思ったりするんだけど、
不思議と終わって、後ろを振り返ってみると、
やり遂げてよかった。と思えるのは、
結果的に身になっているからかもしれません。

J君は早速、新商品を手がけたそうです。
だいだいぽんず
本当に頑張ってほしいです。
ブログを通じて、夢の実現への過程を拝見するのが日課。
良い刺激を受けながら、J君の未来に期待しております。
私も負けないように・・・

と、そんなことあんなことを考えたりして、
今日のごはんは、しめじとイエロースプレッドピーのリゾットでした。
c0185174_1194025.jpg

[PR]
by makanaigakari | 2010-05-05 02:02 | 趣味私事