カテゴリ:いざ鎌倉( 10 )

おかゆさん

おかゆさん。
なんか救ってくれそうな響き。
お粥に「お」だけではなく「さん」までつけると、
なんだかとっても大事にされている感じですよね。
なんとなく温かい気持ちになるのは、私だけでしょうか。
たとえば、ごはんさんとか、おにぎりさんとか、おうどんさんとか、
「お」や「ご」をつけた上に、「さん」までつけても、
やっぱ、おかゆさんが一番しっくりきますよね。
体調不良のとき、効くからでしょうか。
『粥!!』なんて言ったら、効き目が薄れてしまいそうですもんね。

というわけで、
鎌倉コンテンポラリー膳〜おかゆさんを楽しむ会
が2/20、21と開催されました。

昨年も大人気のこのシリーズ。
玄米なのにふっくら、短時間でおかゆを炊く、ワザ・コツをご紹介し、
今回は、大根入り中華風のお粥と黒米入りのあっさりお粥の2種を作りました。

また、そんなお粥さんに欠かせない、5種のおかゆさんの友を実演、実習いたしました。
もちろん、食材はすべて有機のものを使用、
完全オーガニック、ノンシュガーです。
では、2日間のお教室の様子を交えてどうぞ!
(20日午前の部の様子はこちら
↓↓↓
なめたけ実習中①
c0185174_22591650.jpg
なめたけ②
c0185174_22594033.jpg
ねぎ味噌実習中①
c0185174_22595192.jpg
ねぎ味噌②
c0185174_230881.jpg
本日のアイドル、鉄のフライパン。
かなり見られてます。
c0185174_2302697.jpg
ねぎ味噌③
c0185174_2315096.jpg
寝かせば寝かせるほど旨味増量!
もちろん増粘剤、ph調整剤なんて無しでこの味。参りました。
自分でこの味が作れるなんて・・・感激です。
c0185174_0331251.jpg
梅びしお
c0185174_2351980.jpg
ねぎ味噌
c0185174_2361657.jpg
菜の花のからし和え
ちょっとしたコツで、ぱぱっと作れます。
ひなまつりのお祝いや、ちょっとしたおもてなしに出しちゃったら、
あなたはもう、間違いなく素敵女子です。
c0185174_2364310.jpg
お粥さんに連れられ、友、ちゃぶ台に集合♩
c0185174_23114234.jpg

c0185174_23125699.jpg
おかゆさんのあとは、これ。きなこクッキーが美味。
卵、バター、白砂糖なし。
なのにこんなにサクサクしていて、
世に出ているクッキーと言われるものは、一体なんなのでしょう。
c0185174_0402393.jpg

きなこの味があとをひき、やみつきになります。

おかゆさんの会なのに、
主役は撮らず、友に夢中でした・・・
なんなの私。
なにやってるの私。
反省。
申し訳ありませんm(   )m
見本参照。

抽選方式になってから、より初めての方々にも多くお越し頂いており、
ご好評をいただいております。
大変嬉しい限りです。ありがとうございます!
また、来月以降の内容・日程につきましては、まだ未定となっておりますが、
今後もみなさまにご愛顧いただけるよう、努めて参ります。
決まり次第、きちんとご報告致しますので、何卒よろしくお願い致します。

皆様のご自宅の冷蔵庫に、友の瓶詰め達がどんどんできると思うと、幸せです。
これからきっと大活躍してくれること間違い無しですよ。
[PR]
by makanaigakari | 2010-02-22 01:06 | いざ鎌倉

おかゆさんで運だめし

緊急開催!!!
鎌倉コンテンポラリー膳「おかゆさんを楽しむ会2010」
下記の日程で、参加募集中です☆☆

 ①2月20日(土)11:00〜14:30(午前の部)
 ②2月20日(土)15:45〜19:15(午後の部)
 ③2月21日(日)11:00〜14:30(お昼の部)

お申し込みはコチラからどうぞ!
1月30日(土)〜2月2日午前10時までの受付となっております!

毎度競争率の高い戦いとなっております!
今年初?もしくは、おみくじ以来の運だめし?
厳選ナル抽選は、あみだくじらしいですよ〜
昨年を逃した方、チャンスです。
この機会をお見逃し無く。

ふんわりおかゆさんはもちろん、
瓶詰めにうっとりしちゃう、おかゆさんの友たちは、大活躍の常備菜です。
おにぎりの具や、お弁当の隙間に困ったときも最適です。

きなこビスケットは、ささっと作れて、とっても便利。
私もたくさん作ってはため、仕事の合間のおやつです。
引き出しのカンカンに入ってます。小腹が空いたとき、とっても助かってます。
c0185174_027165.jpg

これは、わけあって絞り出せずに放置されてしまった子達を、丸めた結果。
名付けて、きなこボウル。
うみゃーい。
[PR]
by makanaigakari | 2010-01-31 00:42 | いざ鎌倉

地粉会&鎌コン

ご好評につき、
鎌倉ツリープ地粉会を行いました。
今回も例によりなかなかの競争率だったそうです。
厳選ナル抽選の結果、狭き門を勝ち抜いた方々にお集まり頂きました。
そのなかでも、ピカイチで幸運の方が!!
昨年末まで青山ブックセンターにて行われておりましたこちらのキャンペーンの当選者様。
当選を願って、わざわざABCに行かれたとか。
今年は良い年になりそうですね。
あやかりたいです。拝ませてください。

さて、
テーマは『みらいに残したいにほんのおやつ』
昨年は梟城でも、夜のお菓子だと大流行した、
あのマーラーカオのアガベバージョンです。
聞くところによると、この歌を唄いながら作ると、
失敗が無いそうです(笑)
そしてもちろん、卵もラードも牛乳も不使用です。
でも、こんなにコクがあって、卵味。
ふんわりもっちり、これは、お子様のおやつに最適ですね。

教室の様子を↓
こちらはちょっとしたおもてなしにも喜ばれる『ねぎ餅』の実習風景。
c0185174_1155679.jpg
c0185174_116462.jpg
c0185174_11612100.jpg
c0185174_1162286.jpg

えーここまで。。。
す、すみません。
前回同様、できあがり写真、ゼロです涙。
え、え、えっと、
自分で蒸したもので雰囲気を・・・
c0185174_137012.jpg

教室のは、もっと上品で、こんなに爆発してませんでした。
こういうところが、素敵女子から落選する理由なのか。
と、最近は何に関しても、素敵女子から落ちる理由を自分なりに探っています。

話をもとに戻します。

2日目の包子のお教室の様子です。

まずは餡づくり。
c0185174_1402995.jpg
c0185174_1403833.jpg
c0185174_1405110.jpg
これは、もはや肉です。
c0185174_1422352.jpg
ご自宅で作っているのがよくわかりますね!みなさんテキパキ、手つきが慣れていて、素晴らしいです☆
c0185174_1423228.jpg
c0185174_1424957.jpg
c0185174_1425846.jpg
蒸籠に湯気、そそります。
かぶりつきたい誘惑との戦いです。

そうそう、本日はこのために点心師を迎えて・・・
c0185174_1453873.jpg

ってのはうそですが、点心師顔負けの蒸籠さばき。
さすがです。
c0185174_1505525.jpg

調理係さんも見極めは助手に一任です。

青菜と大根のナムルは欠かせません。
野菜それぞれで違えども、コツさえつかめば、
おいしいナムルができちゃいます。
c0185174_1514365.jpg

私も大好きなジャスミンティーゼリー♩
ジャスミンの海や〜ぁ。
c0185174_1515368.jpg

黒ごま風味のあんまんも一緒に。
c0185174_152341.jpg

ハフハフして食べましょう。
あんまんとか肉まんとか、
買うものだと思ってしまいますよね。コンビニとかで。
今の世の中だからこそ、なのかもしれませんが、
よく考えると、なんて不自然。
コンビニなんて、そもそも自然でないが。

みらいに残したい、
というより、
みらいに残すべき、
みらいに残るはず、
みらいにひろがるべき、
にっぽんの食のひとつです。

ーおまけー
鎌コン終了後、
アンパンマンを見ているお行儀の良い、カワイイおぼちゃま。
c0185174_233089.jpg

きみのみらいに、ひろがっていますように。
[PR]
by makanaigakari | 2010-01-26 02:09 | いざ鎌倉

庄内麩

先日の鎌コン終了後、
女子校放課後のごとく、一息ついていたちょうどその頃、
タイミング良く?現れた鎌倉ツリープの吉原さん
山形へ出張されていたそうなのですが・・・

よっぽど、何か思い当たる節があったのか、
それとも、相当女子の視線が痛かったのでしょうか。

誰も何も疑っていなかった(たぶん)のに、
『ちゃんと山形で仕事してきたんです!!!』
と帰宅早々に第一声。
なおさら怪しいと感じてしまいました(笑)

でも大丈夫です。
これこれこれこれこれ
にちゃんと報告されてましたから。
うたがってませんよ〜
素敵な(羨ましい)旅(仕事)のご様子♩要チェック☆です↑↑↑

私もウド鈴木のお父さんの作った、
農薬不使用、化学肥料不使用、こだわりの
『おやじの米』が食べてみたいです!
お試しセット、頼もうかなぁー♩


そんな吉原さんから、
山形県庄内町名産の『庄内麩』をお土産にちゃっかりいただきました♩
実は今まで、あまり
お麩を食べる習慣が無かったせいか、
特別、食べたいと思う事も無かったのですが、
実は美味しいんですね!
以外や以外。
衝撃的でした。
そのままたべても、ポリポリ、おせんべいみたい。
次は軽く揚げて、塩をかけて食べてみたいです。

まずは手始めに、お味噌汁。
c0185174_0461830.jpg

おかゆの友の『自家製なめ茸さん』と共に。
ごはんがすすむ、朝食でした。
ごちそうさまでした。
[PR]
by makanaigakari | 2009-11-28 00:58 | いざ鎌倉

鎌コン&地粉会

11月21日、22日は
鎌倉コンテンポラリー膳 地粉でつくるマクロビオティック点心
鎌倉ツリープ地粉会が行われました。

今回より抽選で行われた鎌コン&追加開催の地粉会。
かなりたくさんの方々にお申し込みいただいたということで、感謝感激、ありがとうございます。
厳選ナル抽選の結果、お集りいただきました超強運の方々!!
ん〜素晴らしい。実にあやかりたいです。

これからの季節、大活躍のセイロ。
そのまま食卓へ出しても、わっと華やぐ、
おもてなしにもぴったりの花巻を作りました♩

『泳がしといてキュッ。』
今回のキーワードです。
賢い主婦のように巻きましょう。
c0185174_22234030.jpg
c0185174_2372469.jpg
c0185174_23816.jpg
c0185174_2381152.jpg
c0185174_2383178.jpg

・花巻(黒ごま/シナモンシュガー)
・玄米味噌だれ
・蒸し野菜(厚揚げ/里芋/南瓜/キャベツ)
・昔風杏仁豆腐


そして午後の地粉会の写真が・・・
c0185174_23104778.jpg

こ、これだけです・・・も、申し訳ありません。
できあがった作品の何も撮れず(涙)
ああ無念です。

ちなみに、
・ねぎ餅(桜えび/ちりめんじゃこ/キャベツver.など)→こんな感じです
・マーラーカオ(低GI)
・青菜ときのこのスープ→こんな感じです
・フルーツカスタード

もりもり盛りだくさんの内容で、2日間お届けいたしました。
一見、中華のおもてなしですが、
食べてとてもほっとするのはなぜでしょう?
これは意識せずとも組み込まれた日本人の遺伝子が感じる部分かと。
醤油や味噌や塩の味、漬物とか納豆とか味噌汁とか、もちろん米も。
食べてほっとするもの、ありますよね。
これらに共通するのは、純国産。すべて日本で作られたもの。
そして、地粉、日本の粉、これはまさに日本人の求めている粉ですよね。
この感じからすると、地粉ボタンが押されるわけです。
これこれ、ああほっとする〜もちふわ。
地粉現象ですね。
日本人でヨカッターーー♩♩♩

地粉一揆が起きるかもしれません。
むしろ先だって起こすかもしれません。
[PR]
by makanaigakari | 2009-11-24 00:09 | いざ鎌倉

明日は我が身

演芸係さんの素敵じゃない夏経験が
私に対する警告であったとは思いもしませんでした。

被害者になるところでした。
ひったくりの。
怖かったです、はい。

黒ハットに赤いタンクトップのマスク男。
これだけで十分怖い。
夢に出てくる〜

ものすごい、ちゃりんこ(折りたたみ式)こぎました。
追いかけてくる悪魔から、逃げました。
我が身は、最後は我が身で守るほか、ないですね。
相手を逆撫でしないよう、カーチェイスの気分でした。
みなさん、気をつけて下さいね。
泣いちゃいますから。

やろうと思っていたあれこれを何一つせず、
唯一、ぶるぶる震えながらお風呂に入りました。
入りながらも外でサイレンとか鳴ってるし、
上階から時折聞こえる物音に過剰に反応したり、ビビってました。

クーラーとか、基本つけないので、
だいたい網戸で過ごしてるんですけど、
昨日だけは無理でした。

防犯ブザーを携帯せず、
車通りが激しく危険。
と大通りの裏道を自転車で帰ること選んだ、私。
が悪いのか?
車通りが激しいようにできていることが悪いのか?
やはり、疑わしきマスク男が悪いのか?
いや、マスク男を育てた親が悪いのか?
もしや、そいつの別れた恋人が悪いとか?(もはや妄想)
いや、目が行き届いていない警察が悪いのか?
それすべての世の中か?

答えの無い問いは、ぐるぐると脳裏を駆け巡り、
気づいたら風呂で泣いていた。

「生きるべきか、死ぬべきか、それが問題じゃ。」
それは、大変な問題です。
今のとこ、生きていてよかったです。
よくわからないけど、
しっかり、この右と左の足で立ち、
我が身は我が身で守らねば。
やはり、それだけは、解った。


前置きが長くてすみません。
我が身を守るための、日本の食。
紆余曲折、巡り巡り原点に還ってきたもの。
そのなかの
おもてなしお寿司編、3ヶ月に渡り、学びました。
いろんな意味での最終章の様子はこちら↓
c0185174_235111100.jpg
c0185174_2351252.jpg
c0185174_23513646.jpg
c0185174_23515117.jpg
c0185174_2352645.jpg
c0185174_23523046.jpg
c0185174_23524147.jpg
c0185174_23525156.jpg


3ヶ月間、ありがとうございました!
また原点回帰の日本の食、正しい食事をモットーに
生きる術を食の方向から、びしばしと発信して参ります。

そして、
自転車愛好家のみなさん。
ひったくりに、注意し、身を守るようにご走行下さい。
[PR]
by makanaigakari | 2009-07-21 00:13 | いざ鎌倉

おとなへの階段

c0185174_2046429.jpg
きゃ〜
すし太郎のパッケージに載ってそう◎


中身は天と地の差ぐらい、違いますけど。
早く瓶詰めストックをたくさんつくらなくっちゃ♫



UPが遅くなりましたが、
おもてなし玄米寿司完全マスター講座・第2回
開催されました。

センサーに引っかかる事無く、軽々突破されたみなさん。
チームワークも上々、頼もしいです〜
c0185174_21146100.jpg


デザートには水まんじゅう♫
c0185174_2124995.jpg

餡子って、小さいときはなんか苦手だったのですが、(白砂糖のせいか!?)
いまや目が輝いてしまいます☆
ぷるぷるしてつやつやうるうるしてます〜

夏にぴったり、日本のおやつ。
正直、お恥ずかしながら作ろうと思ったことありませんでした。
間違っていました!!目を覚ませよ日本人。
作らないわけにいきません。
こういう伝統は大事にしたいし、学んで行きたい。
玄米寿司も水まんじゅうもうどんも、
おばあになった暁には、必ず孫にも教えます。
さ、小豆、煮なきゃっ。

ちなみに、その日は私に小さな革命がおきまして、
大嫌いの椎茸を食べたどころか、
なんと、「おいしい!」と思ったんです!!
ばんざーい!!!おかぁーさぁーん!!!
おとなの階段のぼるの部分、脳内でリピート再生)
給食の時間を過ぎ、みんな掃除している時間なのに、
端に残されて、細かいみじん切りの椎茸と戦ったあの頃。
苦い想い出です。
がしかし、しっかり下処理さえすれば、こんな驚きと感動が・・・涙。
生まれてこのかた数十年、食わず嫌いとはこのことか。

ずっと勘違いしていてごめんね、椎茸さん。
昨日の私にララバイ。
[PR]
by makanaigakari | 2009-06-23 21:43 | いざ鎌倉

玄米寿司

はじまりました。

鎌倉ツリープコンテンポラリー膳
おもてなし玄米寿司完全マスター講座☆☆☆

More
[PR]
by makanaigakari | 2009-05-25 23:37 | いざ鎌倉

春の兆し

キラーン☆
c0185174_124632.jpg


つ、ついに。
一生ものをゲットしました。

かっこよすぎるんですもん。

助手さんとオソロです。
まねっこじゃないです。
同じ漢字で名前なんですもん。
どうしても欲しくって、エヘ。
お買い求めはロハスな通販サイトまで。


こんなの手に入れちゃったら、うずうず。
何か作らずにはいられません!!
c0185174_193047.jpg

軽快に切れます!!
ごぼうをざっくざく切りまして、
昨日の鎌倉コンテンポラリー膳より、ごぼうハヤシ♫
ごぼうに金時豆に五穀米に食物繊維たっぷり。
おなかもいっぱいなのに、おなかすっきりです。



そして、昨日のお教室の様子はこちら。

c0185174_1155081.jpg

c0185174_1163772.jpg

c0185174_117225.jpg

c0185174_1181076.jpg

c0185174_1184016.jpg

c0185174_1191425.jpg


わたくしが最後に目にしたものは、
大活躍した大鍋さんがみなさんの笑顔をみているお姿。
私的に、この大鍋さんも笑って見えるのですが。
つられて私もニンマリしてました。(不自然?)

とまぁなんだか小春日和にぴったりな、幸せな光景を垣間見させていただきました。
冬が大の苦手な私。
むふふー春はもうすぐそこですね。
[PR]
by makanaigakari | 2009-02-16 01:29 | いざ鎌倉

ザ☆ライスカレー

c0185174_034751.jpg
c0185174_04468.jpg


鎌倉ツリープにて、伝統的であたらしい日本のごはん

カレーが嫌いな人って、あんまり聞いたことがないので、
おおよその日本人はカレーが好きだと認識しています。

日本人の私は、無論カレー好き。
ごろっとした野菜たっぷりの、カレーライスではない、ライスカレーが好き。

呼ぶ順番を変えただけで、イメージが昭和になるのは、私だけでしょうか。

食の管理を自分でするようになって、かれこれ7年ぐらい経ちますが、
自分の味と言えるものを作り出すには、簡単なようで難しいのが、このカレー。

実際、
これこれ!!このカレーが食べたくてここ店の食べるの!!
懐かしい〜

っていうの、いつもそんな感じを望むのに、経験ないんですよね。

ところがどっこい、驚きました。
おばあちゃんのカレーを食べた経験は無いのですが、
懐かしい!!これこれ!!
文才が無くて、伝わらないかと思うのですが、
とにかくそんな感じの、これぞ、『ザ☆ライスカレー』
『つのだ☆ひろ』並みの、意味のある☆がつきます!!

これは、衝撃的でした。

伝えない訳にいきません。
絶対、子供にも孫にも伝えるべきです。
近所の子供を集めて、カレーおばさんになりたい。
週一で、配給とかやってもいいですね、公園で。
みんな満点笑顔間違いなしですね。
声を大にして伝えたい。
これは墓場まで遺言状に残したいレシピですね。
夢が膨らむ一日でした。

肝心な『ザ☆ライスカレー』を感動のあまり(食べるのに夢中とも言う)で、
写真におさめることを忘れてしまいました。

詳しくはこちらまたはこちらで。
[PR]
by makanaigakari | 2009-01-21 00:56 | いざ鎌倉