2009年 07月 21日 ( 1 )

明日は我が身

演芸係さんの素敵じゃない夏経験が
私に対する警告であったとは思いもしませんでした。

被害者になるところでした。
ひったくりの。
怖かったです、はい。

黒ハットに赤いタンクトップのマスク男。
これだけで十分怖い。
夢に出てくる〜

ものすごい、ちゃりんこ(折りたたみ式)こぎました。
追いかけてくる悪魔から、逃げました。
我が身は、最後は我が身で守るほか、ないですね。
相手を逆撫でしないよう、カーチェイスの気分でした。
みなさん、気をつけて下さいね。
泣いちゃいますから。

やろうと思っていたあれこれを何一つせず、
唯一、ぶるぶる震えながらお風呂に入りました。
入りながらも外でサイレンとか鳴ってるし、
上階から時折聞こえる物音に過剰に反応したり、ビビってました。

クーラーとか、基本つけないので、
だいたい網戸で過ごしてるんですけど、
昨日だけは無理でした。

防犯ブザーを携帯せず、
車通りが激しく危険。
と大通りの裏道を自転車で帰ること選んだ、私。
が悪いのか?
車通りが激しいようにできていることが悪いのか?
やはり、疑わしきマスク男が悪いのか?
いや、マスク男を育てた親が悪いのか?
もしや、そいつの別れた恋人が悪いとか?(もはや妄想)
いや、目が行き届いていない警察が悪いのか?
それすべての世の中か?

答えの無い問いは、ぐるぐると脳裏を駆け巡り、
気づいたら風呂で泣いていた。

「生きるべきか、死ぬべきか、それが問題じゃ。」
それは、大変な問題です。
今のとこ、生きていてよかったです。
よくわからないけど、
しっかり、この右と左の足で立ち、
我が身は我が身で守らねば。
やはり、それだけは、解った。


前置きが長くてすみません。
我が身を守るための、日本の食。
紆余曲折、巡り巡り原点に還ってきたもの。
そのなかの
おもてなしお寿司編、3ヶ月に渡り、学びました。
いろんな意味での最終章の様子はこちら↓
c0185174_235111100.jpg
c0185174_2351252.jpg
c0185174_23513646.jpg
c0185174_23515117.jpg
c0185174_2352645.jpg
c0185174_23523046.jpg
c0185174_23524147.jpg
c0185174_23525156.jpg


3ヶ月間、ありがとうございました!
また原点回帰の日本の食、正しい食事をモットーに
生きる術を食の方向から、びしばしと発信して参ります。

そして、
自転車愛好家のみなさん。
ひったくりに、注意し、身を守るようにご走行下さい。
[PR]
by makanaigakari | 2009-07-21 00:13 | いざ鎌倉