『生成り、』本日発売

お久しぶりの更新でございます。
さて、本日はめでたいご紹介。

何度か、このブログでもご紹介させて頂きましたが、
福岡市糸島のミツル醤油のムスコこと城くんは、
自社醸造の醤油作りを復活させるべく、
現在も日々奮闘しております。

昨年夏は、その自社醸造するために作った無農薬の地粉を使って、
僭越ながらも「無敵の即打ちうどん」のワークショップをさせて頂きました。

その、2010年秋から仕込みが始まった初の醤油が、
本日めでたく発売となりましたので、ご紹介いたします。
c0185174_15355654.jpg


その名も『生成り、』
名前の由来も、城くんらしい。
名前も値段もデザインも、
たくさん悩んだと思います。
詳しくはブログ『全量自社醸造の醤油蔵を目指す』をどうぞ。

頼もうと思ったら、
早速本日届いて、びっくり。
毎度律儀で、ほんと感心します。
城くん、ありがとう。

ここは、うどんを打たずにはいられません。
茹でたてうどんに、『生成り、』をたらり。
とってもいい香り。
ツンとしすぎず、甘すぎず、
濃すぎず、軽いようで、でも深い味わい。(表現ヘタ)

とにかくですね、
塩むすびやお味噌汁を食べた時のような、
『ああ、日本人でよかった』
と思わせる、味。
にっぽんの地粉うどんに、本物の本醸造のお醤油。
美味しいに決まってますね。
ほんと、とっても美味しかったです!!
c0185174_1541234.jpg


「ミツル醤油の初搾り」の様子は
『醤油職人.com』で詳しくまとめていらっしゃいます。
ぜひ読んでみて下さい。

裏面に、
『最後の一滴まで、大切に使っていただけると幸いです。』
とありました。涙

日々の食卓に欠かす事の出来ない「醤油」
一筋縄ではいかぬ、目に見えぬ職人さんの魂と苦労があるのだと、
私も城くんを通して、初めて知りました。

醤油に限らず、
日々の食材や調味料、食べるものを選ぶ時、
その商品の背景、作り手、携わってきた人々、
感謝しながら、頂きたい。
そして、きちんと選びたい(=投資)と再認識。

未来の食を良くしたいと思っている同志であり、
そのために日々活動しているライバルであり、
いつも良い刺激をもらっています。

このところ一歩も二歩も先を越されているので、
私も負けないように頑張らなくては。
ひとまず、
完成した生醤油『生成り、』で食する
即打ちうどんのワークショップはやらなくてはなりません。

粋な醤油職人、城くんのお醤油は、
ミツル醤油さんか
糸島くらし×ここのきさんで
ご購入頂けるそうです。

みなさま、どうぞよろしくお願い致します。

c0185174_16191530.jpg

[PR]
by makanaigakari | 2013-02-28 16:29 | お知らせ
<< 絞りたて生しょうゆで味わう、“... 本年もよろしくお願い申し上げます >>