塩作りワークショップ

先日、
うどんワークショップにもご協力頂いた黒潮農場の高橋素晴さん
の塩作りのワークショップのお手伝いに行ってきました。

鹿児島市内にある、Nuff Craftは、
桜島も見渡せる高台にあり、素敵な家具や雑貨、カフェもあります。
高橋さんの塩や、緒方さんのお茶も取り扱う、こだわりの材料を使う素敵なカフェです。

そんなところで、
自由研究にはもってこい、塩作り体験!
釜炊塩、天日塩、藻塩の3班に別れて、塩作りを体験しました。

わたしが任命されたのは、天日塩班を見張る役。
今日の主役は子供達です。
みんなで考えて、一番いい方法を探して、話し合います。
大人は、自分たちで考えられるよう、ちょっと手を貸すだけです。はい。

用意したのは25%の海水。(時間短縮のため事前に濃縮してます)
これを、天日に当て、じっとまつだけなのですが、
c0185174_2324070.jpg

どうやったら、早く塩ができるでしょう?
と、なげかけ、アイディアを出してもらいます。

用意した段ボールで、アルミホイルを貼って・・
ソーラーパネルの原理ですね。
風があたるように、時々場所を変えたり、
また、風があたらないバージョンを作ってみたり、
比較してもらいました。
c0185174_2341696.jpg


他の班をのぞいてみると
海藻を干してますね。
c0185174_23334884.jpg

おっと薪割り!(背景は桜島!)
c0185174_235498.jpg

釜炊塩班。
薪割りから火おこしから、頑張ってました。
c0185174_2365513.jpg

さっき干していた海藻を海水と火にかけるとこうなるのね。
なるほど。
c0185174_2362738.jpg


天日塩班は、
暇になると遊び出す。コラコラ。
お天道様が雲に隠れないように祈りを捧げよう!
さ、どうする?
まずは、祈りの象徴を。
c0185174_2341132.jpg

そして生け贄を。(探してきました)
c0185174_2343527.jpg

そして、祈りの舞。

なんと、雲から太陽が顔をだしました!
通じたのでしょうか。
これは、ソーラークッカーという画期的な道具。
これ、究極のエコ。なんでも焼けちゃうんですね。
真ん中に光が集まるように、太陽の動きにそって動かして行きます。
すると、ものの1時間ほどでこんなに塩が!!!
c0185174_2355817.jpg


そんなこんなで、
塩ができました〜♩
天日塩
c0185174_2382858.jpg

釜炊塩
c0185174_2383552.jpg

藻塩
c0185174_2310931.jpg


羽釜で炊いた炊きたてごはんで
作り立ての塩でみんなでおにぎり!!
c0185174_237438.jpg


とってもおいしかったです◎
c0185174_2375881.jpg


そして最後に、
各班で発表会。
みんな自由研究にするのね。
とても真剣でした。
c0185174_2384480.jpg


人間も動物も、塩が無いと生きていけません。
残念ながら、数年前より地球が汚れてきていて、
綺麗な海水もなかなかとれなくなっています。と高橋さん。
海流の流れの良い時期を見て、塩作りを続けているそうです。
海に流れる一番の汚水は生活排水。
そういった、日々の生活がすべて繫がっていて、
自分たちに帰ってくる。
こんなに時間をかけて、丹誠込めて出来た塩。
塩の大切さ、
塩のできる仕組み、
私も、たくさん勉強させて頂きました。

毎日美味しい塩を食べる事ができるよう、
感謝しながら、きりっと生活していこうと思います。
[PR]
by makanaigakari | 2012-09-02 23:55 | イベント
<< 『かんたんお菓子』本日発売!! うどんワークショップ ありがと... >>