うどんワークショップ ありがとうございました

先日、ミツル醤油の城君主催で、
「糸島産・無農薬小麦で作る、うどんワークショップ」@福岡県糸島市
を行いました!

大人数を前にして、初めてのワークショップ。
穴があったら入りたい衝動に何度もかられましたが、
当日は無事に終了することができました。

鹿児島から福岡まで荷物をもっての大移動。
強力すぎる助っ人2名にご協力頂いたお陰です。
本当にありがとうございました。

この小麦の生産者、松崎治久さんにもお越し頂き、
小麦のお話をして頂きました。
塩、地粉そして即打ちうどんの話のあと、実演、実習と続きます!
c0185174_0201515.jpg

今回は、水回しや製麺の大事なところを、
目で見て頂きたかったので、
流れ、ポイントを先に説明いたしました。

というわけで、
教室の様子をダイジェストでどうぞ◎

お子様もたくさんいらして、粉をまぜるところなど、
お手伝いいただきました。
c0185174_0202260.jpg

c0185174_0204127.jpg

c0185174_021219.jpg

c0185174_0213585.jpg

c0185174_0214969.jpg
ハチマキ巻いて、ママと一緒に、がんばったね!

c0185174_022564.jpg

みなさん、真剣でした!
c0185174_0255673.jpg
この方、強力すぎる助っ人、
塩の話もしてもらいました黒潮農場の高橋さん
塩作りの名人、というかなんでもできるお方。
ヨットでギネス記録保持者だし、そば打ち名人だし、
鶏も魚もアナグマもなんでもさばくし、
サバイバルを生きる宇宙人みたいな人です。

c0185174_0262339.jpg

c0185174_0264160.jpg
20人前を一気に急冷するのを、どうしたらいいか、
みんなで考えましたよ。
大きな漬物樽登場。
大きな氷を作って、一度一気に冷やし、
さらに別の桶でさらにしめる作戦!!大成功◎

c0185174_026332.jpg

はい、みんなでいただきます!
たれは、城くんの、いりこだしつゆと、
白崎レシピのごまだれ。
オクラ、ネギ、紫蘇、たたき梅、削りたてのかつおぶしの薬味にぶっかけうどん。
さらに
茄子の揚げ浸し、獅子唐の味噌炒め
も箸休めとしてご用意致しました!
すべて鹿児島から持ってきた有機野菜です。(ゆーきさんありがとう!)
c0185174_0275266.jpg

c0185174_0272778.jpg

小麦を作ってくれた百姓の松崎さんのお米と
黒潮農場の塩で作ったおむすびも◎
お子様に大人気でした。

c0185174_0283934.jpg

最後に、
感謝の気持ちをこめて、おまけ。
三年番茶のぶどうゼリーをお召し上がり頂きました。
ぶどうは、さつま町の無農薬のもの。
白崎レシピの中で、この時期食べなきゃ気が済まないデザートのひとつ。
お茶とぶどうの組み合わせに、みなさん驚いていらしたようです。

私が感動したのは、終わってから。
にっぽんのパンと畑のスープ
にっぽんの麺と太陽のごはん
魔女のレシピ
を並べていたら、本を開けて質問タイム。
しかも何人も、しかも何種類も。
本当に涙が出るほど嬉しかったです。

そして、皆様よりアンケートをたくさん頂きました。

自分で本を読んでやってみるのと、
実際習ってやってみるのとでは、
理解するのも仕上がりも全く違いました。

白崎先生の本が大好きで、
いつか白崎茶会に参加したいと思っていたけれど、
なかなか参加できずにいたから。

すごくわかりやすかったし、
うどんや野菜をあまり食べない子供が
ぱくぱく食べていて嬉しかった!

などなど、身に余るほどのたくさんの声を頂き、
大変嬉しく思います。ありがとうございました。

また、何かの機会で、
このように活動できたらと思っています。

企画してくれた城くん。
手伝って下さったスバルさん、ゆうきさん。
背中を押して下さった白崎先生はもちろん、
アドバイスをくれた助手、
応援してくれたアシスタント陣、
そして、白崎茶会素敵女子のみなみなさま。
本当にありがとうございました。
この場をかりて、厚くお礼申し上げます。

c0185174_1235119.jpg

[PR]
by makanaigakari | 2012-08-28 01:30 | イベント
<< 塩作りワークショップ 桃のタルト >>