うどんワークショップやります

突然ですが、

この夏、「即打ちうどん」のワークショップをやらせて頂く事になりました。

きっかけは、
福岡県糸島のご実家で、伝統的製法で醤油造りの再開を始めた、
ミツル醤油の城くんからの依頼。
彼について、何度かこのブログでご紹介した事がありますが、
新作「いりこだしつゆ」のお礼に、
魔女のレシピを送ったことが始まりでした。

それから、
小麦の収穫の度に、「うどんをやろう」という話に。
昨年の夏は、醤油の仕込み現場を見に行ってきました。
c0185174_23413245.jpg
c0185174_23411642.jpg

c0185174_23411867.jpg

今年の秋、40年ぶりに自社製造の醤油が誕生します。
とっても楽しみです!

醤油に仕込むための特別な小麦ですが、
どうしても半端な原料が出てしまうとのこと。
何かこの貴重な小麦を使って、うどんのワークショップをできないか
との話。

国産を選べば安全
有機であれば安全
悲しいけれど、残念だけれど、
そんな時代では、なくなってしまいました。
自分の目で見て、考え、食べ物を選ぶ時代。
いる場所、状況、様々です。

そんな時代だけれど、
恵まれた事に、身近に頑張っている職人が多くいました。
無農薬で栽培している小麦、チクゴイズミ。
この小麦が手に入る幸せ、
身に余るお話なのではという葛藤もありましたが、
こうして縁あって話を頂いた事、
全部、噛み締めながら、
我らが調理係の神レシピ『即打ちうどん』を、
糸島の公民館でワイワイ打ちたいと思います!!感謝!!!

以下、募集要項を抜粋させて頂きます。

/////////////////////////////////////////////
      
「糸島産・無農薬小麦で作る、うどんワークショップ」

小麦栽培農家、松崎治久くんがミツル醤油用に栽培してくれた小麦(栽培期間中 農薬・化学肥料不使用)を材料に、うどんを打って、食す! イベントです。

今回作るうどんは、独自の製法により寝かす時間を省略した「即打ちうどん」
講師には、「即打ちうどん」の考案者 白崎裕子さんの主宰する「白崎茶会」調理係補佐 八木 悠さんに、うどん作りをレクチャーして頂きます。
是非この機会に、手軽にできるうどん作りをマスターしましょう!


また、八木さんのお友達で、鹿児島でお塩を作られている「黒潮農場」の
高橋素晴さんもスタッフとしていらしゃいます。


日にち: 8月25日(土)
時間:  10:00〜13:30
場所:  ミツル醤油 糸島市二丈深江925-2 TEL 092-325-0026
定員:  20名
会費:  3,500円

講師:  八木 悠 
葉山にあるオーガニック料理教室「白崎茶会」白崎裕子に師事し、調理係補佐として従事。
2011年より故郷 鹿児島に戻り、自然食品店「地球畑」に勤務。

申込方法:  氏名・参加人数・お電話番号・メールアドレスを明記の上
       info@mitsuru-shoyu.com へメールでお申し込み下さい
準備する物: エプロン


タイムスケジュール

10:00 話し (小麦など。。)  
10:30 うどん作り (茹でてる間に無理やり工場見学!)
12:45 食事 (うどん以外にも惣菜、おにぎり、デザートを用意しています。)
13:15 質疑応答
13:30 終了

////////////////////////////////////////

お問い合わせ、お申し込みはコチラまで。

福岡のみなさま、
どうぞ、よろしくお願い致します。
[PR]
by makanaigakari | 2012-08-01 00:15 | お知らせ
<< 桃のタルト 屋久島 >>